食事制限して夜中に間食、無理して痩せてリバウンド、短期間で痩せようとするのが失敗の原因です。

ダイエット失敗例

ダイエットに失敗してリバウンドした、このような愚痴を一度は聞いたことがあるでしょう。
痩せようと努力をしたものの失敗に終わってしまうケースは非常に多いです。
どうして失敗してしまうのか、原因を考えてみましょう。

 

 

まずは長続きしないのが原因に挙げられます。

野菜しか食べないダイエットを始めたが、すぐにご飯や肉を食べたくなって断念してしまった。
これは仕方が無いことです。
そもそも同じような味をずっと食べ続けるのは飽きますし苦痛です。
いくら味を工夫しても同じ物だけを食べ続けるダイエットは長く続きません。

 

 

他には、食べる量を制限するダイエットです。

これも空腹に耐えられなくなり、間食してしまうケースが見受けられます。
夕食で食べる量を減らしたのは良いが、夜中に空腹でつらくなりお菓子を食べてしまうことがあるようです。
夕食をたくさん食べるよりも夜中に間食する方が悪影響でしょう。
空腹を無理に抑え込もうと考えるのが間違っています。

 

さらには一週間、食べる量を極限まで減らすプチ断食を行い、5キロのダイエットに成功したものの、2週間後にはダイエット前よりも2キロ太ってしまったケースもあります。
無理なダイエットで一時的に痩せても、それを維持する心構えが無いと無駄に終わります。
このような結果になると、一週間我慢したのが無駄になり、さらに2キロ増えるという不幸が訪れています。
過度なダイエットはリバウンドを起こす原因になり、時間を捨ててしまうので注意しましょう。

 

 

短期間で痩せたいと考えるのは諦めましょう。

痩せたとしてもリバウンドが待っていることがほとんどです。
本気で痩せたいなら長期間で、ゆっくりと痩せていく方法を行いましょう。

リバウンドした女性

 

過度なダイエットは体に負担を掛けてしまい、基本的にメリットはありません。
食べないようにすると、少ない栄養を脂肪にして蓄えようと体が反応してしまいます。
いきなり食事制限するのは危険なので、やはりゆっくりと食べる量を減らす方が安全です。

 

ダイエットで失敗したくないなら長期的な視野で決意しなければならないのです。

 

ダイエット成功例はこちら