美しい腹筋を手に入れるには、”ヒップハンド腹筋トレーニング”がおススメです。

おすすめ筋トレメニュー

 

ダイエットと言えばジョギングやエアロビクスといった有酸素運動、そしてさまざまな部位の筋肉に負荷を与えて筋力を強くする筋力トレーニングを上手く組み合わせて行うというのがセオリーとなっています。

 

特に筋力トレーニングは正しく行わなければ逆効果になってしまう場合もあるので、正しい知識を身につけた上で効率良く行うことが大切です。

 

通常、筋力トレーニングによって筋肉に一定の負荷を掛けると筋繊維がダメージを受け、それを修復するのに約二日ほど掛かると言われています。
この筋繊維が修復されている間に新たな負荷を加えてしまうと筋肉がやせ細ってしまい、逆効果になる恐れがあるので注意が必要です。

 

そのため、筋力トレーニングを行う場合は一日目に筋トレをしたら二日間は筋肉を休め、次の筋力トレーニングは最初のトレーニング日から三日後に行うのがベストです。

 

また、筋力トレーニングによってダメージを受けた筋繊維を修復する際には多くの「たんぱく質」と「アミノ酸」が必要となるので、トレーニング後にプロテインやアミノ酸系サプリメントを摂取するのもオススメです。

 

 

理想の身体をイメージ

筋力トレーニングのメニューを決める場合、まずは自分がどのような肉体を目指すかをイメージする事が大切です。

 

たとえば逆三角形のシルエットを目指すのであれば胸筋を中心とした上半身の筋トレを集中的に行う必要がありますし、ボクサーのような細マッチョ系の肉体を目指すのであれば持久系の筋力トレーニングを中心に行い、有酸素運動の頻度を増やすなどの工夫が必要です。

 

ちなみに胸筋を効果的に鍛えてバストアップを目指したい場合は「両腕の幅を広げて行う腕立て伏せ」や「バーベルを使ったトレーニング」がオススメです。

 

また、全ての女性にとって憧れでもある美しい腹筋を手に入れたいのであれば、腰に負荷が掛からない「ヒップハンド腹筋トレーニング」がオススメです。
これはお尻の下に両手を指し込み、目線をお腹に注ぎながら両足を上下させて行う腹筋トレーニングです。
このトレーニングを一日30回、3セットほど行うことで美しい腹筋を効率よく手に入れることが出来ます。